弊社が創立10周年を迎えました(感謝)

弊社は医療介護保険事業を機軸に、地域に貢献したいと願っています。
でもルーツは、先々代が 青果小売業を生業として100年近くになるフルーツショップなんです。個人事業で頑張ってきた個店を、さらなる業務拡大を考え、先代が法人化して10年になる訳です。

医療業界で働いていました門外漢の私がこの会社を引き継いだのは、先代の急逝で屋台骨がとても浮き足立ったために、何とか祖父・父の遺志を、、、という思いで知恵を絞ったのですが、やはり青果業は無理だと思い至るしかありませんでした。
では別に業態を変えてでも、吹田の地で地域の皆さまのためにとの意志だけは引き継ごうと、2006年に社名を「エイヨ」から「フルーション」に変更し、2007年3月にリハビリ専科のデイサービスを立ち上げました。この1号店には「あっぷるデイ」と命名を致しました。その後、訪問看護ステーション「リハビリ本舗あっぷる訪問看護ステーション」、デイサービスの2号店であります「おれんじデイ」を開業することができました。

その他にも障害をお持ちや健康に自信が無くなってきた方々への個別健康増進サービスとして「あっぷるデイ」の日曜日を「ぴあスタジオ」として開設しております。また、「おれんじデイ」のお昼休みには地域の高齢者の方々のフィットネスクラブとして「ゆずシニアフィットネス」を開設して、非常に好評を得ています。

このように、長い歴史のある弊社の前身から事業の大転換でしたが、何とか墓前でお叱りを受けないようには引き継げたようで、胸をなで下ろしてしております。

これらからも、とことん地域性にこだわり、専門性に磨きを掛け、笑顔を生産することが使命であると再認識し、少しずつでも成長を止めないように精進いたしますので、「株式会社フルーション」ならびに「リハビリ本舗」を宜しくお願いいたします。

 

平成24年6月6日 株式会社フルーション 代表 中川法一